--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.17
Wed
daizu.jpg

ブロードウェイブロードウェイを観てきた。

ずっと観たかった映画だけど、ちょっと観るのも躊躇していた。

映画がスタートして終わるまで、涙がダラダラ出てきた。

泣く類の映画ではなかったと思うのだが、隣の女の人も同じようなタイミングで泣いていた。

案外、似たような境遇だったのかもしれないな。

この映画を見て、少しフッ切れた。

自分がなぜダンスを続けることが出来なかったか分かったから。

才能がなかった・・・って言っちゃうのは簡単だった。

私には、ほとんどのダンサーが通る道、オーディションに行くことが怖くなってしまった。

ドアをノックする前から、自分が傷つくことを想像して、逃げてしまった。

真正面から取り組んでいる人たちは輝いていた。憧れてた。

でも、自分には無理かもしれない・・と思った時に、唯一、私がしたことは出来ないことに対しての言い訳を作り上げること。

ちゅちゃな見栄。そのために余裕のあるふりをした。

本当は、そんなこと考える前に、一生懸命に出来る限りのことをすべきだったのに。

努力はしなかった。努力をしたのに、結果がダメだった時が一番辛いと思った。

本当、言い訳ばかり。

ダンスを離れて、初めていろいろ気づき、学んだ。

いつかは一生懸命にならなきゃいけない。怖がっていても道は開けない。

誰かが、道を開いてくれるのを私は待っていただけだったんだから。

次は自分で見つけなきゃいけないということ。

甘かったね自分。

見栄とか、プライドとか、そのために何か見失う方が後悔する。

いまさら後悔しても仕方がない。

これからの人生、自分で折り合いを付けていかなきゃ。

前進あるのみ。




参加しました。
人気ブログランキングへ。クリックお願いね




スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://daizujapan.blog92.fc2.com/tb.php/16-87087c9b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。